スキンケアで使える製品があります|敏感肌の人も注目

刺激を遠ざける

コットンを持つ人

ワセリンの選び方

大人女子のみならず、小さな子供の敏感肌のスキンケアにワセリンを用いるケースは増えています。化粧品メーカーからも販売されており、ローションで潤いを浸透させた最後のケアに塗布する使い方で、刺激になりやすい乾燥も防ぐことが可能です。ベタつきが気になるものの、頬や口周り、目元や肘や膝など、全身に使えるのがメリットです。ですが、ワセリンにも黄色と白色との種類がある点に注意が必要で、ドラッグストアなどで手に入れられるのが精製度の低い黄色ワセリンで、コスパの良さから全身のスキンケアに選びたい種類です。逆に精製度の高いのが白色ワセリンで、医薬品に分類されているため、敏感な肌から起こる様々なトラブルを遠ざけるために使用するのがポイントです。また、乾燥肌へ傾きやすいため、アレルギーテスト済みや敏感肌専用などの化粧品選びも目安とし、肌を外的刺激から保護する目的をワセリンは持ち合わせている点に気を付け、潤いはローションやクリームなどからしっかり補うことが大切です。

オイルで潤す

敏感肌の方のスキンケアでは、必要以上の成分を肌に補うのではなく、効果的に作用する使用量を守ることが大切です。例えば、基礎化粧品では、化粧水は500円硬貨大で十分顔全体に浸透し、ブースターとしての役割も担う美容液は1円硬貨大くらいを手に取って使います。さらに蓋の役割として美容液の後に用いる使い方が話題を集めている乳液は10円硬貨大を肌にプレスすることで外的刺激から肌が守られます。ゴールデンタイムに就寝することで潤いがしっかり肌奥に届けられます。また、敏感肌の場合、季節的に乾燥を招きやすくなるためにボディを含めたスキンケアが必要となります。特に全身に使える化粧品として評価されるのがアルガンオイルで、ベタつかず、肌を柔らげてくれます。敏感な肌質では通常、マッサージも刺激となりやすいものの、オイルによる滑りの良さや洗い流し不要でボディソープにも加えることができるます。お風呂でのケアも可能で、スパアイテムにも使用したいテクニックの1つです。

若々しい肌を保つために

女の人

アンチエイジングはいつ始めても早すぎることはないと言われています。ずっと若々しい肌を維持するためにも、アンチエイジング化粧品を使ってスキンケアを行いましょう。セラミドやビタミンC誘導体が配合された商品が多いので、効果的に使用できます。

もっと見る

自然の恵を受ける

化粧品

オンリーミネラルは美顔器を生み出すヤーマン株式会社の提案する化粧品ブランドです。そんなオンリーミネラルには、美顔器のノウハウを活かしたミネラルエアーという商品も用意されています。シュッと一吹きすることで、ムラなくカバーしてくれるのです。

もっと見る

メイクでシミはカバー

レディ

メイクでシミ隠しを行うという場合は、コンシーラーを使いましょう。コンシーラーは固めのテクスチャーだと、しっかり色がつくので濃いシミもカバーできます。シミ隠しをする際は、自分の肌より少し暗めの色のコンシーラーを選ぶのがコツです。

もっと見る